道の駅うずしおは鳴門海峡を一望できる素晴らしい場所だった

淡路島の南の端、本当に島の先っぽに道の駅うずしおがあります。淡路島観光の時だけでなく、徳島観光の間にちょっと立ち寄るのも良い場所でした。

今回はそんな道の駅「うずしお」の紹介。ぜひ旅行の参考にしてみてください。

場所

場所は淡路島の南の端っこにあります。徳島側から行く場合、高速道路を使って淡路島まで行きインターを降りて戻るようになります。一般道ではいけないので気をつけてください。

充実のお土産コーナー

道の駅までは長いスロープを歩きます。強風になることが多いらしく、合わせて雨が降ったらちょっと大変だと思います。

淡路島の特産品を使ったオリジナル商品から香川のうどんまで何でも御座れのお土産売り場は、徳島・淡路島地区でもトップクラスの品揃え!ここで買い物すれば近隣の県のお土産がすべて揃います笑

試食の数も沢山あるのでぜひ色々食べてみてください!私のオススメは、淡路島の特産品玉ねきの粉末スープの素です。寒い日コーヒーなどの代わりにお湯にといて飲むとほっこり温まります。

めちゃくちゃ玉ねぎ推し笑

このあと実際サラダバーで淡路島の玉ねぎを食べましたが、確かに甘くて美味しかったです。

レストランうずしお

店内には大鳴門橋を一望できるレストランがございます。本日の昼食はこちらに

店内からは見える風景はなかなかの圧巻!

料理は鳴門海の幸と淡路島の美味しい野菜をふんだんに使っており、ボリュームもしっかりあって満足できるものでした。

天丼

白い海鮮丼

お子様セット

玉ねぎのバター焼き

どのセットにも玉ねぎのお味噌汁がついて、やはりここでも玉ねぎ推し!食べてみると北海道の玉ねぎより甘みが強いような感じがします。しっかり特徴を調べたわけではないのですが、北海道がシャッキっとエッジの効いた味だとすれば、淡路島のものは優しい甘さが際立つような感覚です。

まとめ

大鳴門橋のスタッフの方に勧められ訪れた「道の駅うずしお」思っていたより景色がよく、橋を記念撮影するには最適な場所だと思います。またお土産コーナーもかなり充実していて、近隣のお土産がすべて手に入るのでご自身の買い物、人へのプレゼントすべてにおいて一番良いのではないかと思います。

ぜひ淡路島へ訪れる際には足を運んでみてください!最後まで読んでいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
中村 雄太郎

中村 雄太郎

名前:中村雄太郎。しれとこ三代目修行中。東京都江戸川区にある「北海道の味しれとこ」という飲食店におります。自分の経験や学んだ事が皆様の生活のヒントになればと思いブログを開始いたしました。ご来店時に「ブログ見たよ!」と言っていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。