今、道の駅が熱い!あずの里いちはら

先日ふらっと訪れた道の駅「あずの里いちはら」最近道の駅が熱いとは噂に聞いておりましたが、噂通りとても楽しめる施設づくりになっておりました。今回はその「あずの里いちはら」を写真付きでご紹介します。

関東からも近いのでぜひ訪れてみてください!

概要

あずの里いちはら

場所

営業時間:9時から18時 (朝一番と18時ギリギリの二回訪れたのですが、夕方は何も売ってませんでした。どうやら売り切れ次第終了のようです。ぜひ訪れる際は早めに行ってください)

単なるお土産屋ではない総合レクリエーションエリア

近年キャンピングカーや車中泊の人気に伴い、道の駅は単なるお土産屋やトイレだけではなく色々な施設を併設しております。

このあずの里もレクリエーションの場所として最適!エリアは大きく分けて

  • 物産館エリア
  • パン屋エリア
  • 植物園、バーベキューエリア

に分かれます。

物産館エリア

物産館エリアには千葉県の名産品や地元野菜、おこわお赤飯など楽しくなるようなお買いものがたくさんあります。私のオススメは「マルハチのピーナッツバター」最高ですよ!

注意点としては私は夕方ももう一度訪れる予定があったので、午前中に買い物をしないで一度店舗をでました。その後訪れると・・・何もない。売り切ればかりで一切のお惣菜と野菜がなくなっていたのです。もしこの記事をご覧になったあなたが訪れる際は気を付けてください!夕方には売り切れます。

軽食コーナー

軽食コーナーも併設されており、ここのオススメは市原の米粉を使った手打ちうどんとアイスクリーム

アイスクリームは市原の酪農家手作りジェラートです!

このような軽食も結構力を入れているようで、とても良いですよね!お惣菜を買うのも良いですが、こっちも好きです!

別館(パン屋の建物)

別館にはパン屋さんと「ふるさとハウス」という工芸体験教室が入っています

ふるさとハウスでは週末やお休みの日などに工芸体験で木を使った教室を開催しております結構な頻度で内容が変わるようなのでオフィシャルサイトを覗いてみてください。

パン屋さんは旬の地元フルーツを使ったパンやカフェコーナーなどくつろぎの空間が広がってました。

みなさんあまりイメージがないかもしれませんが、市原は果物がとても美味しい場所です。この道の駅周辺にもいちご狩りの農場がたくさんありました。お子さんが一緒にいる場合は道の駅といちご狩りのコースなども良いかもしれませんね!

パンコーナーには季節の果物で作ったフレッシュジュースが並びます。出先で飲むこのようなジュースは1.5倍くらい美味しく感じるからやめられません!

植物園・バーベキューエリア

今回時間の関係で行けなかったのですが、併設された広場では植物園とバーベキューエリアがありました。

このコーナーが一番大きいのに行かなかったのはちょっと後悔しております。

後日ネットで調べたところバーベキューコーナーは水場も焼き台もあり、食材の持ち込みだけでバーベキューが楽しめるようでした!

 

利用時間 午前10時~午後4時
毎月第2火曜日と年末年始(12月29日~1月3日)を除く
アクセス あずの里横、駐車場も併用
必要なもの 燃料、着火剤、食材、食器類、洗剤、ごみ袋
利用料金 1卓520円
利用方法 電話か農林業振興課窓口にて予約
予約は利用日の3ヶ月前から
注意事項 バーベーキュー場への車の乗り入れ不可
ごみは持ち帰る
ガスボンベやカセットコンロなどの持込・使用不可
アルコール類・危険物等の持ち込み不可
貸出道具は洗ってから返却
利用したテーブルや周辺、流し台の清掃を行う

道の駅とこのような施設が一緒になっているのは家族連れにはありがたいですね!

次回はバーベキュー目的で行こうかと思いました!

まとめ

さほど期待せずに行った道の駅、最近は色々と楽しめる施設が増えたとは聞いておりましたがここまでとは思いませんでした。実は私最近キャンピングカーが欲しくて欲しくてたまらなくなっていたのですが、道の駅で車中泊しているキャンピングカーを見るとより一層欲しくなってしまいました笑

ぜひ皆さんも立ち寄ってみてください!最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.
中村 雄太郎

中村 雄太郎

名前:中村雄太郎。しれとこ三代目修行中。東京都江戸川区にある「北海道の味しれとこ」という飲食店におります。自分の経験や学んだ事が皆様の生活のヒントになればと思いブログを開始いたしました。ご来店時に「ブログ見たよ!」と言っていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。