【最新PA】京葉市川PAへ行ってきました

4月24日開業の京葉市川PAへ行ってきました。以前は鬼高PAとして営業していたこの場所、どう変わったか写真付きで紹介しますのでご覧ください!

場所

京葉道路(下り)のみ入場できるPAです。首都高から京葉道路に入って一番最初のPAになります。

建物の位置は上り側にあるのですが、下り専用の施設になるので気をつけてください!

行き方

京葉市川PAは下り専用のPAです。京葉道路「篠崎」の橋を渡ったのちにあります。

わかりづらいですが、一度市川の出口の方へ進みます

市川の出口横を通り抜けます。また本線に戻りそうになりますが、そのまま進んでください

本線には戻らず、左方向にスロープになっているので登ってください。

施設紹介

新しい施設ですが海老名などのような大型施設ではなくこじんまりとしたPAです。東京にお住いの方ならわかると思いますが、首都高代々木PAくらいのサイズ感です。

建物二階建てで上の階にはヤマザキデイリーストア、下の階には松屋(牛丼)とトイレです。

デイリーストアにはヤマザキパン松戸工場からご当地「梨」メニューが豊富に揃っていて、お土産に最適です!

別記事で記載させてもらいますが、「道の駅いちかわ」より市川の梨メニューが多いのでお土産購入には最適ですよ!

下の階には牛丼屋とトイレ

この松屋は京葉市川PA限定メニューなどを取り揃えた特別店です。

訪れた日は天ぷらうどんなどが用意されていました。

トイレの前の待合所もかなり綺麗でリラックスルームのようになっております。

まとめ

近年流行りのわざわざ訪れるようなPA・SA(海老名や刈谷ハイウェイオアシス)のようにはなっておりませんが、清潔感はさすが新しい施設です。そして梨メニューを豊富に取り揃えたコンビニは、道の駅があっても何も置いていない「市川」で唯一お土産らしいものを買える施設かもしれません。

このPAを過ぎたら次は幕張までPAはないので首都高の疲れを取るのもありかもしれません。

幕張はかなり大きく、飲食店も豊富なのでその紹介はまた後日させていただきます!

 

The following two tabs change content below.
中村 雄太郎

中村 雄太郎

名前:中村雄太郎。しれとこ三代目修行中。東京都江戸川区にある「北海道の味しれとこ」という飲食店におります。自分の経験や学んだ事が皆様の生活のヒントになればと思いブログを開始いたしました。ご来店時に「ブログ見たよ!」と言っていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。