会計事務所向けクラウド効率化コンサルの紹介

 

私の友人(税理士)がこの度「会計事務所向けクラウド効率化コンサル業」を始めました。

一般の人からすると「???」となりますよね?

友人は税理士中川祐輔くん、生まれ年も誕生日も一緒、イニシャルも一緒の中学時代同級生です。

最近彼とこの話をする事が多く、内容をわかっている範囲でちょっと紹介します!

一般の人もこんな世界があるのか〜と思ってもらえる話だと思いますのでどうぞ読んでみてください!

クラウド会計ソフトって何?

世の会計事務所は私たちの想像を超える計算を毎日のように行い、蓄積されたデータの量は膨大な数になります。

以前は紙のデータとして各事務所に蓄積され管理されていました。そして各事務所にコンピューターが導入されてからはコンピューターの中にデータを保存、管理、操作するようになりました。

そして現在は各事務所のコンピューターに保存し管理するのではなく、クラウド上の会計ソフトで保存管理をするようになってきているのです。

このクラウド会計ソフトは単にデータの保存や呼び出しをするのではなく、各書類の制作や計算を手助けするツールが内蔵されているソフトですので使いこなすととても便利なツールになっております。

クラウド化された会計ソフトを使いこなしている事務所は少ない

私たち一般の人からすると、便利になって良かったね!と思うのですが、実はこのクラウド会計ソフトを使いこなしている会計事務所はまだまだ少ないのです。

会計事務所の難しいところは事務所側が「インターネットを使ってデータのやり取りをしましょう!」と顧問先に言っても、顧問先が「うちは紙のやり取りを希望したいし、書類のやり取り時は面談したい」と言われてしまうとなかなかクラウド化に進めないのが現状です。

また古い事務所ではクラウドで出来るはずの仕事も人手でしていたので、その仕事用に人を雇っていたりと身動きが取れない状態になっている事が多く抜本的な改革に近い「クラウド化」に進めないのです。

友人がやる事

友人の中川くんがやるのはクラウド会計ソフトを売るのではなく、既存のインターネットサービス(クラウド会計ソフトも含む)を利用して業務の効率化を図る方法をコンサルするという仕事を始めるのです。

以前にも似たような事をする人はいたそうですが、手法が古く業務の効率化には繋がっていなかったそうです。

また以前のコンサルは会計ソフトを販売するという事も並行して行っており、抜本的な事務所の改革まで考えていなかったそうです。

中川くんはクラウド会計ソフトフリーの認定アドバイザーを長年しており、業務のクラウド化に関しては実績を持っているらしいです。そして手を組む廣升さんはクラウド会計導入サポートのパイオニア!素人の私が聞いても面白そうなダッグです!

まとめと友人のサービスHP

私の拙い知識で説明できるのはこれくらいですが、サービスのホームページにはかなり詳しいサービス内容が書いてあります!(最初からこのリンクを書けばそれで良かったのですが・・・笑)

このサービスの紹介を依頼されたわけでもなく、勝手に紹介したのですが

もし興味を持った方がいらっしゃれば直接問い合わせてみてください!

The following two tabs change content below.
中村 雄太郎

中村 雄太郎

名前:中村雄太郎。しれとこ三代目修行中。東京都江戸川区にある「北海道の味しれとこ」という飲食店におります。自分の経験や学んだ事が皆様の生活のヒントになればと思いブログを開始いたしました。ご来店時に「ブログ見たよ!」と言っていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。