ママチャリbikkeを買う前に読んでほしい記事

The following two tabs change content below.
中村 雄太郎

中村 雄太郎

三代目修行中。ご来店時に「ブログ見たよ!」と言っていただけると励みになります!

本日はブリジストンのママチャリbikkeを購入する前にぜひ読んで欲しい記事を書こうと思います。

電動タイプでも通常の自転車タイプでも共通する話題ですのでぜひご覧ください。

bikkeについての詳しい説明はオフィシャルサイトをご覧ください

オフィシャルサイトはこちら

最初は荷物がつめた方が良いと思っていた前かご

bikkeを購入するにあたり夫婦で考えたのは

「前かごどのタイプにする?」

ということでした。次の項目で説明いたしますが、bikkeには2種類の前かごのタイプがあります。

私たち夫婦の考えは

「子供2人乗せてもさらに荷物をたくさん載せたいよね」

ということでした。

前かごのタイプは2種類

そんな思いをいだいてbikkeのサイトを見ると前かごのタイプが2つあります。写真で紹介しましょう。

ご覧いただいてお分りいただけるでしょうか?

ハンドルで子供椅子を抱きかかえ、前かごを兼用とするタイプと独立型の前かごがあり、オプションで子供椅子をつけるタイプです。

「子供2人乗せてもさらに荷物を載せたいよね」という思いがあった私たちは、後者のタイプを選びました。

先のタイプでは子供2人乗せた時荷物積めないじゃんと思ったのです

実際使ってみて感じた前かごタイプの不便さ

自転車が到着して「オプション」で購入した子供椅子も取り付けが終わりました。

もともと付いていた後部の子供椅子も含めて、購入前に思い描いていた形の自転車が出来上がったのです。

よし、これで大丈夫。子供を2人乗せて買い物をしてもばっちり動けるぞ!とおもって漕ぎ出した瞬間

あれ?

となったのです。

問題は乗った瞬間にわかりました。

それは前の子供椅子が私の方に迫り出しているため膝がぶつかってしまうのです。

漕ぐたびにガニ股にならないといけない状況になってしまいました。

私は男ですのでどうにか我慢できますが、家内は残念な状態になってしまったのです。

だからと言って返品も出来ませんし、困ったな〜などと感じながら乗るしかない羽目になったのです。

まとめ

ママチャリとはいえ、高い買い物です。

この記事をご覧になった方が失敗しなければ良いなと思い記事にさせてもらいました。

ガニ股といっても写真のガニ股は極端に開いておりますのでそれほどではないです。

試乗や友達の自転車に乗せてもらったりして是非自分に合った自転車を手に入れてください。

では最後までご覧いただきありがとうございました。

また別の記事でお会いしましょう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。