江戸川区でお鍋は「北海道の味しれとこ」がおすすめ!

The following two tabs change content below.
中村 雄太郎

中村 雄太郎

三代目修行中。ご来店時に「ブログ見たよ!」と言っていただけると励みになります!

まだまだ寒い時期です。お仲間や家族で外食をする際「お鍋」という選択肢も増えますよね!

では江戸川区でお鍋が美味しい店ってどこだろう?という事になると思います。

悩んだ場合はぜひ当店にお越しください!43年間変わらない美味しいお鍋を提供しております。

本日はそのお鍋について紹介させていただきます。

検索でこの記事に来た方用に自己紹介:江戸川区新堀で北海道の味しれとこという飲食店をしております。知床半島羅臼という町から東京に出てきて43年本場北海道の味を提供しております。

お鍋は2種類

当店のお鍋は2種類のお鍋、1つの雑炊を販売しております。

お鍋のご注文は二人前からになります。召し上がる人数の目安は

二人前 2~5名 ・ 三人前4~7名

これくらいの人数で召し上がることをお勧めします。

いずれのお鍋もベースの「羅臼昆布出汁」が決め手

この下の段落でそれぞれの紹介をしますが、まずお伝えしたいのはベースの羅臼昆布でとったお出汁が抜群です。

ご存知の方も多いと思いますが、羅臼昆布は超高級昆布として有名です。当店は羅臼港の目の前で飲食をしていた関係で、いまでも昆布漁師から直送で羅臼昆布を仕入れております。

この羅臼昆布をふんだんに使ったお出汁は大変味わい深く、〆のお雑炊まで楽しめる最高の一品です。

皆さんお出汁だけで、ご飯がすすむと奇麗に食べてくださるのを見て提供している者として嬉しく思っております。

しれとこ鍋

当店一番人気のお鍋です。薄口醬油味ベースのお出汁に、メヌケとキンキをメインとしたお鍋です。

さて皆さんキンキはご存知かと思いますが、メヌケはご存知でしょうか?キンキと同じく中深海にいる魚ですが、大きさがキンキとは全く違います

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

羅臼町さん(@rausu_official)がシェアした投稿

この写真は羅臼でとれたメヌケで8,2キロあるそうですが、当店でも7キロ前後のメヌケを仕入れてさばいております。

このメヌケはとても濃厚な味わいで、脂がのっており、ぷりぷりの食感が特徴でたいへん美味しい魚です。

金額もトップクラスに高く、高級魚として市場に出回っております。

このメヌケとキンキを使ったしれとこ鍋、当店オープン当時から人気メニューでうちの看板といっても過言ではございません。ぜひご来店の際にはお召し上がりください!

石狩鍋

味噌味ベースのお出汁に紅シャケを使ったお鍋が石狩鍋です。北海道旅行に行った際にはお目にかかったことがあるのではないでしょうか?

かなりポピュラーな北海道料理で、通常は銀鮭を使用して作るのが一般的です。当店では紅シャケを使用してこのお鍋を作っており、紅シャケ特有の食感とうま味があいまって非常に美味しいお鍋となっております。

しれとこ鍋も人気ですが、石狩鍋も年間200人前以上売れる人気メニューです。

紅鮭は真っ赤な身が特徴の美味しい鮭

また〆の雑炊は味噌仕立ての石狩鍋の方が私は好きです。

玉子と小葱をいれて雑炊を作ると心も体も温まります!

カニ雑炊

タラバガニをふんだんに使った雑炊は専門店ならではの美味しさです。

タラバのお出汁と羅臼昆布の旨味、けっこう拘っている玉子は最高の組み合わせです!

甲殻類が可能なら、小さいお子様にも喜ばれる優しい味ですので、ぜひお召し上がりください!

最後に

検索でこのページにいらした方はぜひ当店の内装もご覧ください。世界遺産知床半島から切り出した原木を使って建てた店は他には真似できない

素晴らしい空間作りをしております。ぜひ「北海道の味しれとこ」をよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。