長年使ったHD25-1 IIのリコードとイヤーパッド交換

The following two tabs change content below.
中村 雄太郎

中村 雄太郎

三代目修行中。ご来店時に「ブログ見たよ!」と言っていただけると励みになります!
中村 雄太郎

最新記事 by 中村 雄太郎 (全て見る)

10年以上使用してきたHD25-1 II

ゼンハイザーの名作ヘッドホンとして有名な物です。

今回は断線してしまったケーブルを交換するリケーブル。
そしてヘタったイヤーパッドの交換をしたので写真で紹介しようと思います。

リケーブル

まずは古いケーブルをはずしていきましょう。
ヘッドホン右側の側面にあるネジがケーブルを留めている部品ですので、はずしてしまいます。

次にケーブルコネクターをはずしましょう。

右から入ったケーブルは上の溝を通って左側まで延びているのですべて取ってしまいます。

 

あとはこの逆の流れで新しいケーブルをはめれば終わりです。

今回使用したケーブルはYAXIというメーカーのケーブル。

 

 

標準搭載のケーブルと比べると中音域の厚みが広がったような気がします。低音は最初のケーブルの方が強いです(あくまで個人の感想)

イヤーパッド交換

イヤーパッドの交換は簡単ですね
引っ張ってはずし、付けるだけです。
購入したのはこのイヤーパッド

 

最初の物と比べると厚みが倍ほどになっております。

購入前は厚みが増した分、圧迫感が強くなるかな~とちょっと気になっておりましたが、装着してみるとそんなことはなくいい感じにフィットしてくれ、遮音性が増しました。

長時間装着していても疲れることはないです。

最後に

このヘッドホンを購入した際説明してくれた店員さんが言っていた話を今でも覚えております。

このヘッドホンはすべての部品が個別に別売していて自分で修理が可能です。しかも音質、付け心地、デザインとも時代を超えても使えるものです。

そう言われて購入したのです(男は一生物と言われると弱いですね笑)

今回の修理でまたしばらく使えそうなこのヘッドホン。

もし購入を考えている人がいればお勧めします!
本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

本日は撮影でした!