【神保町】欧風カレーボンディ

The following two tabs change content below.

中村 雄太郎

三代目修行中。ご来店時に「ブログ見たよ!」と言っていただけると励みになります!

当店のアルバイトの子から教わったボンディというカレー屋さん。

都内にいくつか店舗がある中で、神保町が本店

 

大学で神保町に通っていた私も噂には聞いておりましたが、一度も訪れたことがありませんでした。

(神保町でカレーはいつもキッチン南海に通っていました)

 

一度は行ってみたいと思った為、休みの日にちょっと足をのばしてみました!

今回はそのボンディについて紹介しようと思います。

概要

神保町本店

住所:千代田区神田神保町2-3 神田古書センタービル2F

電話番号:03(3234)2080

定休日と営業時間はコロナ禍の為、事前に電話かホームページ等で確認を取った方が良いでしょう

 

※神田古書センタービルは靖国通り側が正面入り口になっておりますが、ボンディへの入店は

ビルの裏側へ回ってください。

私が訪れた際はすいておりましたが、日によっては2回店舗への階段まで人が並んでいる事も多いようです。

店内

店内はヨーロッパの古いレストランを再現したような佇まい。

私が訪れた平日14時ころでもほぼ満席の状態でした。(コロナの為席間隔があいています。ギュウギュウではありません)

従業員の皆さんが忙しそうに動き回っている様を見ると期待が高まります!

料理

私が注文したのは看板メニューのビーフカレー

では写真と共に見ていきましょう

 

まずカレーを待っている間にじゃがバターが提供されます。

予備知識がなかった私は「何だこれは????」と驚きましたが、

周囲のお客さんを見渡すと、すぐに食べている人やカレーに混ぜている人など

それぞれの楽しみ方があるようです。

 

そしてお待ちかねのカレーです!

ルーのボリュームはしっかりあり、ご飯は250gくらいあるでしょうか?

全体的にボリューミーなカレーです。

 

そして一つの特徴はご飯に混ぜてあるチーズ。

カレーをかけるとマイルドにとろけます。

 

トッピングは福神漬け、らっきょう漬け、レーズン。

味変を楽しめて良いですよ☆

 

 

ビーフカレーはしっかりと煮込まれたお肉がゴロゴロと入って、野菜や果物を煮込んだソースにバターのこく、

香辛料の香りが食欲をそそります☆

そして口に運ぶととろけるチーズなのです。一瞬で平らげてしまいました(笑)

 

最後に

一人前1,500円ということで、カレーとしては少し高額かな~などと感じておりましたが、

食べてみてなるほど、しっかりとしたボリューム時間をかけたことがしっかりと分かるルー。

 

チーズなどでちょっと特徴を加えているコツなどで、人気の理由がわかりました。

 

かなりの混雑が予測される店ですので、訪れる際は時間の余裕をもって

訪れてみてください!

ごちそうさまでした☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

リモート取材初体験