焼き芋を上手にする方法

皆さん焼き芋をしたことはありますか?
住宅密集地に住んでいる方は難しいですが、子供大喜びの鉄板イベントです。

経験した方なら分かると思いますが、大きなサツマイモはなかなか焼けません。
今回はそんな方の為に上手に焼く方法をお伝えします。

焼き芋とは

漫画などで描写されている焼き芋は落ち葉の山を作り、サツマイモをそのまま入れて焼いています。

ところがその方法だと表面が焦げるだけで中まで火が通りません。丸焦げの芋が出来上がってしまうのです。

基本としてはアルミホイルに巻くということが必要になります。

ところが芋をホイルに巻くだけでは時間がかかってしまうんです。ましてやすぐに燃え尽きる落ち葉をいくら用意しても足りません。

しれとこ流焼き芋の方法

そこで我が家での焼き芋の焼き方を紹介します。
いい感じの焼き芋ができますよ!

まず一番最初に蒸し器にて芋を蒸してください。
この段階だけで食べれる柔らかさまで蒸しあげます。
爪楊枝などで刺してスッと入る柔らかさまでお願いします。
※この時人参も一緒に蒸し上げると後で使えます

蒸している間に火を起こしましょう。
落ち葉は着火性能は高いのですが、一瞬で燃え尽きます。
私は炭火を併用して使います。

そして後片付けのことを考えるとバーベキューグリルでやるのが一番だと思います。

炭に火をつけたら演出のため落ち葉を入れてください。
よく火がつきますし、子供も喜びます。

そこへ蒸しあげたサツマイモをアルミホイルに入れて投入。

食べられるまで蒸しあげておりますので
焼き目と香りをつける程度、約10分ほど焼きます。

落ち葉が燃え尽きても、炭火がありますので十分焼けます。
ただ子供はTVなどで落ち葉の焼き芋をイメージしていますので落ち葉は絶やさず入れて上げると良いでしょう!

10分後

これくらいの焼き目がついたら・・・

開封!

いい感じです!

蒸し器で蒸しているとはいえ、炭火の遠赤外線と落ち葉の焼ける香りがついて、見事な焼き芋!かなり美味しいですよ!

そして先ほど一緒に蒸しておいた人参は
串に刺して炙り焼きです!
長めの串を用意したら子供でも大丈夫
トマトも一緒に焼いてみました!

バーベキューグリルでやるメリットはこれもあります。

まとめ

コツを掴まないと上手に出来ない焼き芋ですが、
この方法を使うと早くて、美味しくて、他の食材も焼けて
簡単に出来ます!

野菜嫌いの子供も楽しみながら食べられるので、
良いかもしれません!

ぜひこの秋お試しください!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
中村 雄太郎

中村 雄太郎

名前:中村雄太郎。しれとこ三代目修行中。東京都江戸川区にある「北海道の味しれとこ」という飲食店におります。自分の経験や学んだ事が皆様の生活のヒントになればと思いブログを開始いたしました。ご来店時に「ブログ見たよ!」と言っていただけると励みになります!